​画像処理で魚体認識・魚群の自動計測にチャレンジしています

漁業、養殖業の研究の様々な場面で、対象魚の行動をモニターする必要性が生じます。対象魚の行動を計測するには、目視、音響、バイオロギング、画像等様々なアプローチがありますが、本研究室では画像・映像を用いた魚体認識や行動の自動計測手法を研究・技術開発しています。

​(長崎大学・河端研究室との共同研究)

​(ヤンマー株式会社との共同研究)

詳しくはこちら

光学カメラを用いた非接触な魚体長・魚体重推定

養殖業では、養魚の出荷のタイミングを見計らうために魚体長・魚体重の把握が必須です。生簀の中を泳ぐ魚の魚体長計測は、陸上生物と勝手が違って困難を極めます。私たちは光学カメラによるステレオ撮影で、養殖マダイ、養殖クロマグロ、カンパチなどの魚体長計測に関する研究を行っています。また、実用的な体重推定手法に関する研究も進めています。

(古野電気株式会社との共同研究)

​詳しくはこちらから

​画像計測技術の水産研究への応用

当研究室では画像計測による魚群行動の可視化や魚体長計測を実施していますが、水産研究のニーズに応えて、魚の耳石や生殖腺などの画像計測も行っています。

(水産研究・教育機構 国際水産資源研究所との共同研究)

魚群計測で得た行動データの評価や異常行動の検出を試みています

魚群行動の計測結果から、魚群の特徴を評価したり、異常行動の検出を行うことで、養魚モニタリング技術の確立を目指しています。

​(ヤンマー株式会社との共同研究)

 

 

詳しくはこちらから

データロガー等のセンサーデータを行動別に分類する

データロガー(行動記録計)を装着することで水棲生物の行動を記録するバイオロギングは、魚類行動学のなかでも欠かせない手法です。近年の電子技術の発達でバイオロギングでは複数のセンサーから大容量の時系列データを取得することができます。従来使用されていた統計学的な判別手法では検出・分類が困難だった行動時系列記録に対して深層学習を導入して、抽出精度の向上した行動分類アルゴリズムの開発にチャレンジしています。

(長崎大学・バイオロギング研究室との共同研究)

​詳しくはこちらから

​北海道大学大学院水産科学院・水産科学研究院・水産工学講座